世界で一番大事な存在の子供たち

投稿者:

最近、いろいろあって気持ちが沈みがちになっています。なので家からあまり出たいと思わない状況がつづいています。本当は小さい子供を天気がよければ毎日でもどこか外へ連れて行ってあげて思いっきり遊ばせてあげたいとおもうのこですが、そんな状況なので最近は家遊びがほとんどです。

幸いにも私の家は街から離れたところの住宅街の一軒屋なので裏庭や家のかなでも広々と遊ぶことはできます。それでも毎日家で遊ぶというのは限界があるので、同じ年頃のお友達と一緒に遊ばせたあげたいとは思っています。心が辛くて泣きそうになっても子供の前では泣かないようにと決めてがんばっています。

心配かけたくないし子供たちの前では笑顔でいるようにしたいので。そんな気分の下がるときでも子供の笑顔と寝顔というのは特別なものだと気づかされました。もちろん、存在自体が特別で他の何よりも大事な子供たちですがそんな子供たちの笑顔を見ると私も「泣いてなんかいられないな。

子供たちのためにも上を見て笑顔でいなきゃ」と少しポジティブになれる気がします。子育てしていると笑顔でばかりいられないときもあります。悪さをしたら怒ったり、子供が悔しくて泣いていたら一緒に解決策を考えたり、大はしゃぎしながら一緒に笑ったりと毎日があっという間に過ぎていきます。

子供の成長と共に母親の私自身も母として成長しているんだなと実感します。もう子供たちのいない生活なんて考えられません。若いときは想像もできなかった私の子供たち。産まれてきてくれて本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。